ご注文

  • お申込フォームより取得依頼する
  • FAXより取得依頼する
  • 大量取得依頼はこちら

契約関連

  • 月極申込書
  • 利用規約

不動産登記簿取得ネット

商業登記簿とは?

商業登記簿謄本は、現在のものはコンピュータによって管理されていますので、正式名称は「登記事項証明書」と呼びます。 しかし、現在でも一般的には、登記簿謄本と呼んでいるケースも多く、名称が異なるだけで基本的な記載内容は同じです。

商業登記の役割とは

この商業登記とは、会社法、商法の規定により、商人に関する取引上重要な一定の事項(商号や本店及び目的並びに役員など)を法務局に備えられた登記簿に記載して公開する制度です。
この制度により、取引する相手方が何者であるか予測でき、取引の安全と円滑化を図ることができ、また、事業者自身も公に明らかにすることによって自己の信用保持に役立ちます。

商業登記簿謄本の情報性

新規に取引を開始する場合、まず最初に入手できる資料は、商業登記簿謄本(登記事項証明書)です。これを丹念に読み込めば相当の情報量が詰まっています。 現在事項証明書では、現在の役員の氏名など現に効力を有する事項しか記載されていませんので、最も情報量の多い履歴事項全部証明書を取得します。 これには、現在事項に加えて過去3 年の登記の変遷がわかるデータが記載され、過去3 年間の商号変更や本店移転、役員変更の経緯等がわかります。
チェックすべき欄としては、「役員欄」及び「目的欄」です。役員がそっくり交代していたり、目的が多すぎたり、住所が転々としている場合は要注意(取り込み詐欺など)です。 資本金の額は目につきますが、会社の信用とはあまり関係がありません。

商業登記簿の種類

商業登記簿には、全部事項証明書(=謄本)と一部事項証明書(=抄本)があります。

■全部事項証明書(謄本):すべての登記区分が記載されているもの。
■一部事項証明書(抄本):全部事項証明書の中から必要な区を選択して、抜き出したもの。
(一部を抜き出しただけですので、抜き出した部分の内容は当然一致しています。)

さらに全部事項証明書、一部事項証明書ともに履歴事項証明書と現在事項証明書、閉鎖事項証明書という3種類に分かれています。
それぞれ以下のような内容となっています。

■履歴事項証明書:現在の登記の内容と、過去約3年分に登記された(変更された)情報
■現在事項証明書:現在の登記の内容
■閉鎖事項証明書:3年以上前の情報(履歴事項証明書に載っていないもの)や、何らかの理由(移転・倒産など)ですでに閉鎖された登記の情報

商業登記簿の構成

履歴事項全部証明書

■商号 :名称
■本店所在地 :登記簿上の本店所在地
■会社の設立年月日 :昭和○年○月○日
■目的 :業務内容
■資本金の額 :金○○万円
■役員に関する事項 :取締役、監査役の名前一覧。代表者については住所も記載されます。
■支店 :登記されていない場合もあります。
■登記記録に関する事項 :移転・組織変更など
(移転の場合は移転先の住所、組織変更の場合には変更後の組織名が記載されます)

取得依頼方法

お申込フォームより取得依頼する FAXより取得依頼する

お問合せ

提供コンテンツ

商業登記簿取得NETは、法務局の商業登記簿謄本(会社登記簿謄本・法人登記簿謄本)を法務局にて取得し当日発送するサービスです。履歴事項証明書,現在事項証明書,閉鎖事項証明書,全部事項証明書,一部事項証明書の違いなどもお答えいたします。